持分なし医療法人への移行に関して

持分有りの医療法人から持分無しの医療法人への移行について、税制等の特例期間内に移行しませんかと言う案内を盛んに行っている業者もあるようです。

確かに、特例期間中は、税制等の特例があり有利な面もありますが、役員規定等で難しい面もあります。

移行決定から移行の完了までには、各種届出等が必要となり期間も1年以上は必要です。

今後も、厚生労働省は持分無し医療法人への移行を進めて行くものと思われますが、移行を行うかどうかは、信頼がおけ、業務に詳しい税理士さん等に相談をされた上で決定されてください。

厚生労働省のHP内に、「移行の手引」がありますので、移行を検討されている理事長さんは、一読されてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です